女性仕事は会話スキルをあげることが大切

人気のキャバ嬢は、みな会話の上手い人ばかりだといいます。

 

会話の上手い人というのは話の上手い人と同義語ではありません。

相手の話を聞き、質問をしたり相槌を打って上手く会話を膨らませ、最終的に相手に話ができてよかったと思わせるのが会話の上手い人というものです。

一方的に話すだけでも、聞いているだけでもそれは成しえません。

 

キャバクラには、多くのお客さんがいます

。社長として経営に頭を悩ませる人や、中間管理職として板ばさみにある人、新人として上司に無理難題を押し付けられる人、一人で孤独に仕事をしている人など、生活スタイルも職業も様々な人がサービスを受けに来ます。

 

そんな中でより良い接客をし、より良い会話をするためには、相手の立場にたって相手の欲しがっている言葉を渡してあげるということが重要です。

 

ですからキャバ嬢には、広い知識というものが求められます。

内容自体は浅いものでも構いません。どんな話にも柔軟に対応し、その状況に共感するためのきっかけを持っていることが大切なのです。

 

キャバ嬢として相手に良い時間をサービスするために、日ごろから情報に敏感にありましょう。

日本の経済や世界情勢や、最近起きた出来事や社会の傾向、色々な情報をテレビからネットから新聞から得ていってください。

 

キャバ嬢になって、いきなり売り上げ上位を目指すというのは無謀なことです。

最初はサポートとしてたくさんのお客さんと接し、様々な話を聞き、少しずつ自分の世界をそこに築いていってみましょう。

サブコンテンツ
最終更新日: 2018年11月14日

このページの先頭へ