産婦人科に相談すれば産み分けできる可能性が高いです。

跡継ぎが欲しいという理由で男の子を望む人は少なくないですが、現在では医療技術が発達していてもう父親側の精子から男の子が生まれる精子だけを選別して人工授精し、男の子を確実に産むという方法、あるいは受精卵を調べても男女のどちらが生まれるかということははっきりわかります。

 

しかしこれらの方法は男女の人口比のバランスを崩してしまう危険性があるということから、現在日本では禁止されています。

よって現実的には別の方法で産み分けをするしかないのが現状です。確率は決して高いものではありませんが、産婦人科に相談すればいくつか男の子を産む方法を教えてもらえるので、まずは産婦人科に相談するのがおすすめです。

 

産婦人科では基礎体温の表を参考にしたりして受精しやすい時期を指導してもらえることも多いのですが、一般的に精子は男の染色体の精子を持ったものの方が進むスピードが速いということで男の子が欲しい場合は極力排卵日ぎりぎりに性行為をするよう指導されます。

 

また産婦人科に行った際には卵胞の様子をエコーで調べ、排卵しそうな時期を推測することが可能でありそこから性行為をする時期を指定されることもあります。

 

さらに産み分けに利用するものとしてゼリーがあります。

これは女性の膣内が酸性であれば女の子が、アルカリ性であれば男の子が生まれやすいということに基づいて使用するゼリーであり、性行為をする前に使用します。

 

男の子が欲しいのであればアルカリ性のゼリーを選びます。

ゼリーは一部の産婦人科とインターネットなどの店舗で取り扱いがあり、1本あたり1000円台から2000円台と少々高めですが男の子が生まれる確率を上げることができるのでおすすめです。

 

このような産み分けの方法を単独で、もしくは複数組み合わせていけば男の子を出産する確率はかなり上昇しますが、確実に男の子を出産できるわけではないことだけは知ってほしいものです。

サブコンテンツ
最終更新日: 2019年04月19日

このページの先頭へ